HOME > 採用情報 > 先輩紹介 > 井上 広之

採用情報

先輩紹介

管財部 施設管理課
井上 広之
工学部 物理システム工学科 平成18年入社
私の部署では、建物などの施設全般の新規設置や既存の施設を円滑に活用する為の改修や補修、また、未開発の土地を活用した施設の設置、及び有効活用に関する新たな提案や、それを形にする上での工事方法の検討を行っています。業務は大きく土木・建築・設備の3つのグループに分かれ、その中で私は設備の担当者として、施設全体の維持管理、改修に加え、施工会社との新しい設備の計画、工事管理を行っています。

この会社を選んだ理由は?

今までに学んできたことを活かしつつ、お客様の笑顔を感じられる仕事に就きたかった

私が会社選びをする中で、重視していた点は大きく2つあります。
ひとつは、施設を管理する仕事であることです。父が施設管理の業務を行っており、幼い頃から父の働く姿を見ていて自分も同じ道を進むことに夢を抱いていました。大学では工学部に所属し、大学で学んだノウハウを実践したいと考えていました。もうひとつは、大学時代に酒屋のアルバイトを経験し、その中でお客様の笑顔を直接受けることにとてもやりがいを感じたので、お客様と接する機会のある仕事であることを重視しました。
その上でよみうりランドは、今までに学んできたことを活かしつつ、かつお客様の笑顔を間近で感じることができる会社だと考え、入社を決意しました。


今の仕事のやりがいは?

何もないところから形になる

私の部署では、人数が限られている中、幅広い施設の管理を行っていることもあり、入社して間もない内から新規施設の設備計画や工事業者の施工指導等の責任感のある仕事を任せてもらえます。これは、やりがいの1つとして感じました。
また、実際に当社が運営・管理を行う施設や設備をつくるので、主体的に計画段階から新規施設に携わることができます。打合せを繰り返し、何もないところから自分の意見や考えも加わった施設が形になっていくことには、やりがいを感じます。


入社して良かったと感じたことは?

巨人軍室内練習場新築に伴う内覧会の開催

計画段階から関わった業務の1つですが、当社の敷地内にある読売巨人軍の新室内練習場の施工に関係できたことが特に印象に残っています。以前から室内練習場はあったのですが、老朽化してきたことや選手が増えてきたこともあり、球団から規模・設備ともに日本一の室内練習場を建設してほしいという要望を受け、新室内練習場の工事に着手しました。施工業者と共に全課員で参画し、約1年半構想を練り上げ、着工から完成まで1年ほどかかり建設しました。
もともと平地で何もなかった場所から新練習場が完成したことでの達成感を味わうことができただけでなく、この年がよみうりランドの60周年の節目と重なったこともあり、イベントの1つとして当部署で企画し室内練習場の内覧会を開催しました。私は練習場施設内の案内役を務めたのですが、説明のたびに見学者の喜びの声を聞くことができ、とてもうれしく思いました。この仕事に携われたことを誇りに思いましたし、入社して良かったと思いました。


この会社でやり遂げたいと思っていることは?

遊園地のインフラを再構築したい

当社の遊園地は、その時代の流行に鑑みスクラップ&ビルドを繰り返してきました。そのため、遊園地の地下には電気、水道・ガス管が広がっており、今の施設に一番いい形でインフラが整備されていないのが現状です。
実は、当社の遊園地周辺は井水が潤沢にあり、アシカのプール、丘の湯、プールWAIをはじめ、ゴルフ場の散水やトイレの洗浄水に至るまで、かなりの部分を井水に頼っています。そのため、井水を建物により円滑に振り分けられるよう水路を再構築したいと考えています。
また、水道だけではなく、電気やガスについても、現在の施設や、今後設置を予定している建物等の利用状況に合わせ、最適な形で再構築を行いたいと考えています。


後輩へのアドバイス

実際に足を運んで、やりたいことをイメージしてください

当社は、自分の考えやアイディアをカタチにするには絶好の場所だと思います。就職活動では、当社が所有する広大な土地を使って何をやりたいのかを具体化していくことが大事です。そのためには、実際によみうりランドに足を運びましょう。ただ考えるだけでは頭の中でイメージしにくく、自分のやりたいことが纏まりにくいと思うので、実際に足を運ぶことで見えてくる点がたくさんあるはずです。

1日のスケジュール

9:00 課内ミーティング。1週間のスケジュールの確認や他部署との調整事項等の報告を行います。
10:00 変電所の月次点検です。今回も異常なし!
11:00 電話にノイズが入ると事業所から連絡が入ったので、電話機械室でチェックをします。
12:00 昼食
13:00 丘の湯の設備の修繕方法について打合せです。
14:00 遊園地の設備工事の見積査定を行います。図面や工事資料を確認し、取引先の工事見積の内容や金額が適正であるかを確認します。
16:00 トラブル発生。図面を持って現場に急行。大きなトラブルにならず一安心。
17:00 事務所にて取引先と、先ほど確認した遊園地の整備工事の内容や金額の折衝、今後の工事スケジュール等に関して打合せをします。
18:00 今日も一日無事終了。お疲れ様でした。

Page Top