HOME > 採用情報 > 先輩紹介 > 横尾 一成

採用情報

先輩紹介

船橋競馬事業部 業務課
横尾 一成
経済学部 経済学科 平成24年入社
私の部署では、船橋競馬場の賃貸業務、場内施設や厩舎の管理、売店などの販売管理を行っています。 また特別観覧席の運営も行っており、アルバイトの管理をはじめ、イベントの企画・運営も行っています。

この会社を選んだ理由は?

私は、昔から趣味に多くの時間を割いて生きてきたこともあり、働くなら自分の好きなことに関わる仕事をしたいと思っていました。小学生の頃に漫画「みどりのマキバオー」で競馬を知り、以来競馬に没頭してきました。高校が船橋競馬場のすぐ近くだったこともあり、学生時代からよく通っていて、そこでジュエルミネーションの看板を見つけたことが、よみうりランドを知ったキッカケです。競馬に携わることができる会社は他にもありますが、地方競馬の持つ強いマイナスイメージを少しでも変えたいと思い、船橋競馬場と川崎競馬場を所有するよみうりランドを選びました。


この会社に入社して感じたことは?

私は、船橋競馬場に配属になる前に、川崎競馬場、東京よみうりカントリークラブ、遊園地で研修を行いましたが、別の事業所に行くと、まるで別の会社に来たような感覚になります。それだけ幅広い事業を抱える、面白い会社だと思います。私の働く船橋競馬場だけでみても、競馬場賃貸や施設の管理、場内の販売管理、特別観覧席の運営と業務の幅が広く、とにかく退屈しない会社であると感じています。また、自分の担当業務は決まっていますが、社員数が少ないこともあり、担当業務以外でもどんどん意見を言わせてもらえます。


この仕事のやりがいは?

船橋競馬場は私が人生で初めて訪れた競馬場であり、学生時代も通った思い入れのある競馬場の一つです。昔から思い入れのある競馬場を自分の手で変えていけるということに大きなやりがいを感じています。
現在、船橋競馬場は変革期を迎えており、私が配属になってからわずか1年の間に、Ipatや中央競馬の発売、新投票所のオープン、太陽光発電の開始など、大きな変化を遂げています。同時に、施設や環境の変化に対応して、場内の売店や特別観覧席の運営方法も考えていかなければなりません。
今後も船橋競馬場は変化を遂げていくことと思いますが、新しいことを取り入れながら、私が昔から感じていた船橋競馬場の良さ、船橋競馬場らしさを失わないように、より魅力的な競馬場にしていければと思っています。


後輩へのアドバイス

就職活動をする上で、色々な人の話を聞くことは大事だと思いますが、感じ方は人それぞれです。何よりも、今まで生きてきて培った自分の感覚や思いを大切にしてください。その結果、よみうりランドを選ぶのであれば、その思いをぶつけてみてください。


1日のスケジュール

9:00 出社したら、メールやスケジュールのチェックも行い、今日やることの整理をします。
10:00 特別観覧席のアルバイトを集めて、朝礼を行います。
日によって開門時間や、レースの発走時間が違うので確認をしたり、イベントがあるときは、内容の説明も行います。
11:00 売店の売上分析資料を作成。
毎週、売店の売上をまとめて、分析資料を作成します。
12:00 昼食。今日は場内の売店で食事。
売店が月替わりで出すメニューを試食。
13:00 場内を歩いて、お客様の流れや売店の様子などをチェック。
14:00 売店の店主と、次の本場開催で行う、売店協賛レースの内容の打ち合わせ。
開催ごとに、売店協賛レースを行い、特別メニューや値引きなどのサービスをしています。
15:00 厩舎地区に出向き、現場確認。
施設の老朽化部分の確認をし、修繕のスケジュールを考えます。
16:00 次の開催に向けて、特別観覧席で行うイベントの準備。
競馬開催日は、トークショーや抽選会など、毎日イベントを実施しています。
17:00 今日の売店の売上や入場者、馬券売上の確認をします。
18:00 本日の業務終了。お疲れ様でした。

Page Top