HOME > 採用情報 > 先輩紹介 > 飯田 有花

採用情報

先輩紹介

川崎競馬事業部 業務課
飯田 有花
医療技術学部 スポーツ医療学科 平成24年入社
私の部署では、川崎競馬場の賃貸業務、場内施設や厩舎の管理、売店などの販売管理をおこなっています。また、イベントの企画、運営、誘致などもおこなっています。

この会社を選んだ理由は?

私は競馬が好きなので、初めは競馬というキーワードからよみうりランドの採用情報にたどり着きました。会社のことを調べていくうちに、競馬場以外にも、遊園地、ゴルフ場、温浴施設等、様々なレジャーサービスを提供していることを知り、面白い会社だな、と思いました。先輩社員の方々の話で共通していたことは、若手であっても、自分のやりたいと思ったことにチャレンジができる、形にできる、そんな職場環境があるということです。同じ会社でも部署ごとに仕事内容は全く違い、また、その中で自分がやれることも様々。まさに「なんでもできる」会社だと感じたことが決め手になりました。


この会社に入社して感じたことは?

現在の部署は、人数が少ない中で互いに協力し合いながらさまざまな仕事をしています。そのため、上司や部下といった垣根を越えて意見を言い合える環境があります。今まで、経営企画室、人事課と経験してきましたが、どこにいても「口に出すこと」の重要性を感じるとともに、「口に出せること」の居心地のよさを感じてきました。少数精鋭だからこその風通しの良さとスピード感、そしてチームワークの良さを日々実感しています。


この仕事のやりがいは?

川崎競馬場オリジナルのクラフトビールを造ろうというプロジェクトの中で、ロゴマークはどうするかという話が出ました。まだこの部署に異動して間もない時でしたが、得意なことを活かせればと思い試しに何案か自分で描いたものを提出すると、あれよあれよという間に私のデザインを使っていただくことに。スタンド内のクラフトビール売店に大きく掲げられたロゴを見た時はとても感動しました。その後も様々な場面でロゴデザインやステージバックパネルデザインをさせていただいています。年齢や経験に関係なく、ちょっとしたアイディアでもきちんと受け止めてくれる環境と、そのアイディアが形にできるやりがいがある職場だと感じています。


後輩へのアドバイス

「この業界にいれればお金も時間も惜しまない」のか「給与と休みが最大のモチベーション」なのか外に出る仕事がしたいのかオフィス中心の仕事がしたいのか…。人によって譲れないことや我慢できることというのは違います。単に業種や待遇を万遍なく眺めてなんとなく良さそうなところを選ぶのではなく、自分が「この会社でなら長く働いていける」と思えるには何が一番重要かをよく考えて企業を選んでいってほしいな、と思います。


1日のスケジュール

9:00 出社後、メールやスケジュールをチェックした後、直営売店の準備へ。
10:00 開門。売店に立ち、川崎競馬場オリジナルクラフトビール「ロジータ」を販売。
12:00 事務所に戻り昼食。
13:00 今後のイベント等に関して、電話やメールで調整。
14:00 バーベキュー業者さんと来年度の運営に関して打合せ。
15:00 場内を歩いてお客様の流れや売店の様子などをチェック。
16:00 売店のお酒の売上金などの納金業務。
17:00 直営売店や特設売店の片付け。
18:00 本日の業務終了。お疲れ様でした。

Page Top